霊能者紹介

電話占い華雲トップ > 霊能者紹介 > 魁哉(かいや)霊能者

魁哉(かいや)霊能者

予約番号
90351
占術
霊感・霊視・予知
得意分野
不倫・恋愛・人間関係
基本料金
20分間5,000円/以降毎分250円(ともに税別)

霊能者より

母方がお寺の関係者で、幼稚園児の頃から他の人には見えないものが視えていました。高校時代には、友人知人を霊視し、大評判となってこの道に進んだのです。ご談者様の悩み、苦しみが深いほど、私の霊能力は冴えを見せます。「こんな辛い思いは誰もわかってくれない!」と思う方、どうぞ私を頼ってください。未来を的中させるだけでなく、苦しみからも救い出します。
鑑定体験談
new 彼が東京に転勤し、遠距離恋愛を始めることになりました。自分で言うのも何ですが、彼と私は本当に仲が良く毎日一緒にいても喧嘩した記憶がありませんでした。しかし彼が東京に行くことが決まってからというもの、絶えず強い不安に襲われるようになったのです。彼と私の絆は、ちょっと離れ離れになったくらいで壊れるほど脆くはない、と思う一方で、彼が東京で別の女性と仲良くなるのでは、という疑心を拭いきれませんでした。そんな折、私の様子を見て心配してくれた占い通の友人に勧められ、電話占い華雲の魁哉霊能者に相談することに決めたのです。友人から聞いていた通り、実際に鑑定が始まるとすぐに、魁哉霊能者の霊能力がいかに強いものであるかがじゅうぶんに分かりました。まず電話がつながった途端、魁哉霊能者は私が電話をかけていた場所、その時に着ていた洋服の色やデザイン、さらには彼からもらったアクセサリーの種類までも霊視で的中させたのです。その時点で私はもはや大きな驚きを覚えていたのですが、魁哉霊能者はさらに「付き合って3年になる彼が東京へ転勤になり、遠距離恋愛を始めることで強い不安を感じているのですね」と私の本心までズバリ言い当てました。私は生まれて初めて、驚きで声が出なくなるという状態を経験したのです。そんな私に対し、魁哉霊能者は「貴女がどれほど強い不安を抱いているかは、貴女の心を霊視してすぐに分かりました。しかしそれと対照的なのが、彼の心です。彼の心を霊視すると、霊能者である私から見ても稀なほど濁りがないし、まったく乱れてもいない。これは彼が貴女のことを完全に信頼しきっていること、さらには彼に浮気する意思がまったくないことの証にほかなりません」と、今度はさらなる深い霊視によって彼の心の奥底までも見通されました。それを聞いて、「もちろん、私も彼のことを信じています。それは分かっていながらも、不安を感じてしまって……」と心情を吐露すると、魁哉霊能者は「もちろん、すべて分かっていますよ。私は貴女の心を隈なく見通していますから。同時に、その懸念が完全に杞憂に終わるということも見えています。そう、彼と貴女の半年後、1年後、2年後の姿が鮮明な映像となって私の頭に映し出されているのです……ええ、貴女と彼はそのいずれの場面においても、2人仲良く幸福そうな表情をしておられる。間違いありません。さらに言うと、彼は1年後にまた福井市にUターンしてきますよ」と未来予知を行なってくださったのです。魁哉霊能者の鑑定が終わった後、私は何だか自分の気持ちがパッと明るく、ポジティブになっていることに気付きました。そしてその後は、魁哉霊能者が予知された通りになりました。私たち2人の遠距離恋愛は極めて順調に進み、7カ月後には彼からプロポーズされたのです! あと数ヶ月もすると、彼は会社の都合で福井に戻って来る予定らしく、2人で幸せな新婚生活を送ることができそうです。いま思えば、魁哉霊能者の鑑定を受けたことですべてが上手くいきました。本当に感謝しています。
(本田弥生さん・29才・福井県福井市)
娘の幼稚園で、他のママさんたちに無視されるようになりました。私が話しかけても、聞こえないふりをして他のママさん同士で話しているのです。ランチやお茶会なども誘ってもらえません。私だけならかまいませんが、娘まで遊んでもらえずかわいそうです。主人に相談しても頼りにならないので、雑誌「PHP」で紹介されていた魁哉霊能者に相談。すると、私でも知らない幼稚園のことを魁哉霊能者はスラスラとおっしゃいました。「Hちゃんのママは、お遊戯会で娘にお姫様の役やらせたかったんですね。ところが先生は貴女のお子さんにお姫様の役を決めた。Hちゃんのママはライバル心が強い人。以前から手芸が得意な貴女にもライバル心を燃やしていました。そこで他のママさんに貴女のあることないこと言いふらして、孤立させたのです」思わず深いため息をつくと、先生は「Hちゃんのママに癒しの念を送りましょう。彼女の心が落ち着けば、もめごとはなくなるはずです」電話を持つ手にビリッと電気が走ったようでした。効果はてきめんで、早速翌日からHちゃんのママは私に親しげに話し掛けてきました。「この前まではごめんなさい。私、どうかしてた。これからあらためて仲よくしてくれる?」私に異存はありません。元のようにみんなと仲よくやれるようになり、娘も落ち着きました。ありがとうございます。
(宇野芙美子さん 38才 長崎県諫早市)